のぼり旗注文費用オーダー方法デザイン並べ方サイトマップ

販促でお店にお客さんを呼び込もう

デザイン

のぼり旗を作るために知っておきたいこと

のぼり旗を利用する際には、設置する時間帯などを気にすることも良い方法です。

時間帯

夕方から夜間にかけて利用するような場面が多い状態であれば、
蛍光色ののぼり旗を利用すると効果的です。

このタイプでは周囲が暗くなったとしても、照明ライトなどが
当たるような場面があり、例えば自動車で道路を走行していても、
蛍光色によって十分に目立つことになり、集客力を高めることができる可能性があります。

日中でも一般的なタイプと比較するならば、目立つアイテムとして使うことができ、
広告や宣伝用として用いることの他に、交通安全などを促すことが必要な場面や、
何かしらの注意喚起を行うような場面でも活用することができます。

注意を促す

実際に販売されている蛍光色ののぼり旗の例では、下地になる布の
カラーリングが蛍光に仕上がっていることになり、文字などの後から
印刷する部分は一般的なカラーになることから、下地のカラーと文字色を
調整する方法で、目を引くアイテムとして活躍できます。



Copyright© daihanjyo! All Rights Reserved.