トップに戻るのぼり費用オーダー方法デザイン並べ方激安短納期のぼり旗製作会社選び
のぼり旗/道路交通法ノボリ優良メーカーのぼり旗の内容の厳選社会運動にのぼり旗を防炎のぼりのぼりでアピール英語表記ののぼり旗サイトマップ

販促でお店にお客さんを呼び込もう

看板代わりにのぼりでアピールしませんか

のぼり旗を作るために知っておきたいこと

のぼりは、様々な宣伝方法の中でも最も即効性が高く コストパフォーマンスに優れています。
一般的な店舗が宣伝を行う方法には、チラシを配ったり 看板を設置するなどの方法が考えられます。

また、場合によってはラジオでコマーシャルを打つなどの方法が取られる場合もあります。
チラシの配布とラジオコマーシャルは広範囲の消費者にアピールする効果がありますが費用が必要です。
看板を設置する場合には効果が期待できる場所を確保し、十万円から数十万円の費用をかける必要があります。

広範囲の消費者にアピールするならばチラシ配布やラジオコマーシャルが有効ですが、 特定の場所で宣伝を
するならば看板やのぼりを設置することになります。 特にのぼりは他の方法と比較して費用が安く、看板を設置する場合の10分の1ほどで済みます。

のぼりでアピールする

また看板のように固定する必要がなく旗自体が軽いため、体格の小さな人でも 簡単に移動できるというメリットがあります。
風にはためくことで通行人の目に留まりやすいので 簡単に店舗の集客率を上げることができます。 

旗は店舗や商品、サービス、イベントなど少ない費用で 宣伝することができます。 宣伝の対象となる地域の範囲によって
チラシやラジオコマーシャル、 看板、旗などを選択することが重要です。 のぼりは通行人に対して直接的に強いイメージを
アピールすることができます。 商品、サービス、イベントなどに関する意気込みを見せる上で効果的な宣伝方法です。

 

のぼりは複数立てると効果的

のぼりは、複数立てなければ意味がありません。 1本だけだと効果は低いので、必ず数本を同時に立てましょう!

複数立てなければいけない理由は、見た人の記憶に定着させるためです。 店舗の前に設置しているのぼりを1本だけ見ても、見た人の記憶には
定着しません。 そのため、宣伝の効果は低くなってしまい、店舗に足を向けさせることはできないでしょう。 

立てている本数が複数だと、通りすがりの人は何度も目にすることになるので、記憶には定着します。 見た瞬間に興味を持たせることができれば、
そのまま店舗に足を向けさせることができますし、 その場で店内に入ってくれなくても、なにかの拍子に思い出し訪れてくれる可能性は高まります。

繰り返し見せて記憶に定着させる方法は、心理学でも有用と認められている手法なので、 1本ではなく必ず数本を同時に立てましょう。
設置スペースがなく1本しか立てていない場合は、サイズを小さくしてでも2本以上立てて下さい。 しかし、数本を立てると効果が高まるなら、
できるだけ多くと考えるかもしれません。 

数本ののぼりを店舗の周辺に設置するときには、適度な間隔を保つことが大切です。 間隔を詰めすぎてしまうと、ゴチャゴチャとした印象に
なってしまい、却って印象が悪くなります。 印刷した文字が見えなかったり、通行の妨げになって迷惑になることもあるので、 適切な間隔を保って
立てましょう。 やりすぎない程度に立てるのが、のぼりを使うコツです。

のぼりを複数立ててアピール

Copyright© daihanjyo! All Rights Reserved.