トップに戻るのぼり費用オーダー方法デザイン並べ方激安短納期のぼり旗製作会社選び
のぼり旗/道路交通法ノボリ優良メーカーのぼり旗の内容の厳選社会運動にのぼり旗を防炎のぼりのぼりでアピール英語表記ののぼり旗サイトマップ

販促でお店にお客さんを呼び込もう

海外の人へ向けたデザインのぼりの制作

のぼり旗を作るために知っておきたいこと

のぼり旗は通常宣伝したり内容を相手に伝える為に使用する物です。

その為、そこに書き記す内容は分かりやすくしておく必要があり、
日本語の場合も単語だけが書かれていたりする事も少なくありません。

細かな文章が書かれている事は殆どなく、見た人が一瞬で
何ののぼり旗なのか理解できる物となっています。

英語ののぼり旗を作る時も、まずはぱっと見て分かる内容にしておく事になります。

通常は文章を書いて載せるのではなく、単語、若しくは2語文程度にしておくと
一瞬にして書かれている内容を読む事が出来るからです。英語表記のデザインのぼり

人間は1秒間に10文字程度を読む事が出来る能力がある為、
まずはアルファベットの数をそれ以下にするところから始めます。

もう一つは英語自体が日本では母国語ではない事を考慮する事です。
英語が母国語の場合はその単語を見ただけでどの意味をあらわしているか
分かりますが、日本語が母国語の人の場合、英語の単語を
全て知っているわけではありません。

その為、のぼり旗に書かれている単語を見ても、その単語の意味自体が
全く分からないと言う状況に陥る可能性もあります。

辞書を引けば簡単にその単語の意味を理解する事も出来るでしょうが、
のぼり旗はそれを一瞬見てもらってその内容を理解してもらう必要があります。

その為、そこに書く単語は辞書を引かなくても理解できる内容の物にし、
あまりにも難しい、特殊なタイプの物は出来るだけ利用しないようにすると言うのも
作成する上での注意点です。

のぼり旗を製作する上で気を付けたいのは統一感のあるデザイン

オリジナルののぼり旗を製作するときは
デザインにこだわりたくなります。

変った形状にしてみたり、様々な色を組み合わせたりして、
他の店舗では見られないオリジナルののぼり旗を
デザインしたくなるものです。

しかし、のぼり旗を製作するときには、デザインに
統一感を持たせなければいけません。

たとえば、店舗の前に設置するのぼり旗なら
店舗の外観や看板に合わせたデザインにしましょう。

統一感を出すために気をつけたい製作時の注意点は、色遣いです。
店舗の外観や看板と同じ色を製作するのぼり旗に使えば、店構えに統一感が出ます。

統一感を出すことに気をつけながら製作すれば、のぼり旗を見ただけで
店舗をイメージすることが可能です。

のぼりのデザインイメージ

店舗から離れた場所に設置しても、目に留まればすぐにイメージできるので
宣伝効果もアップするでしょう。注意点を無視して、店舗のイメージと
かけ離れた製作してしまえば、のぼり旗を目にしたときに頭の中で
店舗をイメージできません。

これでは宣伝効果は低くなり、効果的な広告物とは言えないでしょう。
何より統一感ののぼり旗は、店舗の前に設置しても
調和が取れず美しくありません。

店舗の前がごちゃごちゃとした印象になってしまい、店内に入りにくくなります。
入りやすい店内にするためにも、統一感を出すことは大事です。

小さな店舗でも、製作するときはブランドイメージを考えることが注意点です。
ブランドイメージを統一することにより、売り上げにも良い影響を与えられます。



Copyright© daihanjyo! All Rights Reserved.