トップに戻るのぼり費用オーダー方法デザイン並べ方激安短納期のぼり旗製作会社選び
のぼり旗/道路交通法ノボリ優良メーカーのぼり旗の内容の厳選社会運動にのぼり旗を防炎のぼりのぼりでアピール英語表記ののぼり旗サイトマップ

販促でお店にお客さんを呼び込もう

屋内イベントの防炎加工について

のぼり旗を作るために知っておきたいこと

布などのような繊維製品は、火が付きやすき燃え上がりやすいという特徴を持っています。 

のぼりも布を使って製作されているため、火災が発生した場合はすぐに燃え移り 他の場所に
延焼をさせてしまう可能性があります。 大変燃えやすいので、多くの人が出入りする屋内や
ガソリンスタンドなどのような 危険な場所に設置するのは大変危険です。 

このような場所は、消防法の規制により防災規制の対象となるような 燃えやすい物を設置する
ことはできません。 のぼりも防災規制の対象になるので、カーテンやじゅうたんなどと同様に
防災性能基準を満たしていなければ設置することができません。 屋内やガソリンスタンドなどでは、防災性能基準の条件を満たした防災
物品の認定を受けたものを使う必要があります。

防炎加工シール

防災性能基準の条件を満たすためには、防炎加工を施さなければなりません。
のぼりの防災加工は、特殊な液体を完成した のぼりにつけて制作したり、 防炎加工が施された
布地を使って制作する場合などがあります。

燃えにくい防災インクを使って 制作する場合もあり、消防法の基準を 満たしているカーテンや
じゅうたんなどの商品などには、防災加工認定シールと呼ばれて いる消防庁のシールが貼られて
います。

万一火災が起こっても、防災加工が施されているものは燃えにくくなります。
火がついてしまっても、焦げたり生地が溶けたりするだけで、他に延焼しないで 自然に火が消えます。


屋内やガソリンスタンドのような場所で使う時は、防砂物品に認定されたものを選ぶと良いでしょう。

のぼりの色とデザインに注目!

のぼりとは、細長いきれの一端をさおの先に取り付けて立てておくもので旗の形式のひとつになります。 デザインのぼりに注目
起源としては平安時代以降、武士が 自軍を誇示したり、敵味方の識別を 行うために用いて、軍団の象徴
として掲げていました。 現在では主に広告用として利用されており、風でひらひらと揺れる布が目に留まる、
場所を選ばず建てることができるなどメリットは大きいです。

人間には狩猟本能が備わっていて、揺れるものを追う習性があります。 それだけに店舗の前に置かれていると、
揺らめく布地をつい目で追ってしまう人も少なくはありません。
さらに価格的にもリーズナブルになるので、求めやすくなっています。 宣伝効果を考えてのぼりを作成する場合、
大切なのは色とデザインです。 

まずは人の目を引き付ける、そして一目で内容を相手に伝える必要が出てきます。
そのためには凝ったデザインよりもシンプルなものが良く、分かりやすいものである方が役立ってくれるのです。

目的を考えて選ぶようにする必要があり、宣伝効果を考えるなら 目を引き付けやすい色合い、シンプルなデザインが必要となってきます。
店や商品、サービス内容が分かるように考える必要が出てきて、シンプルだからこそこだわりも大切です。

ポイントと押さえておけば、のぼりはリーズナブルでありながら広告として とても役立ってくれます。
自分がどのように表現したいのかを事前に考えて、 シンプルさを心掛けて制作してください。

Copyright© daihanjyo! All Rights Reserved.