トップに戻る費用オーダー方法デザイン並べ方激安短納期のぼり旗製作会社選びのぼり旗/道路交通法優良メーカーのぼり旗の内容の厳選サイトマップ

販促でお店にお客さんを呼び込もう

入れる情報は最小限に抑えることが大切

のぼり旗を作るために知っておきたいこと

のぼり旗には数多くの情報を入れたほうが効果的だと思うかもしれませんが、ユーザーは何よりも視認性を求めています。

一瞬で見る人に目的を把握してもらうためには、入れる情報はシンプルにする必要があります。
いろいろな情報が入り混じっていると、瞬時に目的を判断することが難しいからです。

道路標識を連想するとわかりますが、複雑な標識だと認識が難しくなるでしょう。
歩きながらだと認識できても、クルマを運転しながら瞬時に認識するのは容易ではありません。

それゆえのぼり旗を設置するときは、見た目がごちゃごちゃしないように配慮する必要があります。
文字・色使いなどの入れる情報をシンプルにすれば、一瞬で目的を認識してもらえます。

文字は小さすぎると読みにくいので、ある程度大きくする必要があるでしょう。
すると文字数は必然的に少なくなるので、何の商品をアピールしているのか瞬時に相手に伝えることができます。

のぼりと文字サイズ

人間は情報が複雑になるほど、見ることに面倒を感じるようになります。
どんなに手を込んだのぼり旗を製作しても、見てもらえなければ意味がありません。

だからこそ目立つこと、すぐに意味を認識してもらえることが重要になります。

ターゲットを明確化して宣伝を

のぼり旗にさまざまな情報を入れたいと考える方は多いですが、入れすぎると逆効果になります。
例えばカツ丼、ラーメン、パスタなどの文字をひとつの旗に入れてしまうと、すべて見てもらえない可能性が高くなります。

カツ丼という3文字だけであれば、見た瞬間にカツ丼を販売していると認識してもらえるのです。
いろいろとメニューを入れると、見る側は最後まで読まなくてはいけません。内容を絞る

すると脳が面倒に感じてしまい、見ることなくスルーしてしまうのです。
のぼり旗に入れるサービス内容を絞り込むことで、効率的なアピールができます。

テレビCMを例にするとわかりますが、紹介するサービス内容は絞られているでしょう。
ひとつのCMで複数の商品を紹介することはまずないはずです。

のぼり旗に関しても同様であり、複数のメニューを宣伝する場合は複数の旗を用意する必要があります。

旗が増えれば設置コストは増えますが、1枚の旗に情報を詰め込むより費用対効果は格段に高くなるのです。
情報を絞り込むことはマーケティングの基本であり、特に目玉商品の情報を目立つところに設置する手法が役立ちます。

店舗のおすすめ商品、強みを明確に伝えることが大切です。

Copyright© daihanjyo! All Rights Reserved.