のぼり旗注文費用オーダー方法デザイン並べ方激安サイトマップ

販促でお店にお客さんを呼び込もう

トップページ

のぼり旗を作るために知っておきたいこと

のぼり旗を手配したいと思った時には、豊富に取り扱っている業者に
アクセスすると、簡単に注文することができるものです。その前にオーダーのコツもチェック。

業者にアクセス

まずは商品選びからですが、飲食店や医療関係、車関係など、
ジャンルがたくさん用意されていますから、自分が必要としている
ジャンルののぼり旗をピンポイントで探し出すことができます。

そして、その中から自分が好きなデザインを選択して、都合の良いサイズ、
仕様を選びますが、商品によっては即納できない場合がありますので、
急ぎの時には注意しておいた方が良いでしょう。のぼり旗の印刷における生地の種類について

なお、既製品の物をアレンジしたいと思った場合には、名入れや文字の
差し替えをすることもできますから便利です。

変更の相談

そして、のぼり旗とポールをつないでいるテープの部分の色を変更するなど、
細かな設定をしつつ、注水台のタイプなども選択していきます。

あとは購入手続きへと進みますが、どういった納期プランを選択するかで、
発送のタイミングがかなり異なることがありますので、ここも注意しておきたいポイントの一つです。

 

効果的なのぼりの立て方|複数本を上手に使うテクニック

ユーザーの興味を惹くのぼり旗の並べ方ですが、まずは同じデザインの物を複数本、並べるスタイルがあります。
一本で置くよりも複数の旗を同時に店の前に設置した方が見栄えが良くなり、賑わいや活気が出ます。

イメージカラーやデザインに統一感が自然と出るため、偶然見かけたユーザーの方々へのアピール力も抜群です。
次ののぼり旗の良い並べ方ですが、旗自体のカラーバランスを統一させる方法となります。旗に挿入する画像やテキストの情報が違っていても、背景となる生地の色を揃える事で、全体的な調和が自然と生まれます。お店を象徴する色にしておけば、複数の商品を同時に紹介しつつも店舗との関連性を自然とユーザーに伝えら、見た目もバランス良くなります。

旗の意匠を全部揃えるやり方があり、挿入する文字情報や画像などは全て同じでも、例えば生地の色や素材を変える方法が効果的です。それぞれに一体感が生まれつつも、素材や色によって個性が生まれ、華やかで賑わいのあるイメージを与えられます。

そして最後に、違うカラーののぼり旗を少量だけ並べるというアイデアがあります。全体的な色合いは店舗のイメージカラーにし、ごく僅かな本数だけあえて全く異なるカラーリングの物にします。すると自然と目立つようになり、この旗には期間限定メニューやセール、特に売り出したい製品の情報を掲載すればアピール力が抜群です。

Copyright© daihanjyo! All Rights Reserved.